パンフレット『おいしい家族』

『おいしい家族』
販売価格 840円 送料別 
上映期間:2019年11月16日(土)〜30日(土)
http://chupki.jpn.org/archives/4865

※この作品で「ゆるっと話そう」開催しました!
 レポート https://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2019/11/25/143544


ーーーーーーーーーーーーーー

実家に帰ると、父が”母”になっていたー?!

銀座のコスメショップで働く橙花(とうか)は、夫と別居中。仕事も家庭もうまくいかず、都会での生活に疲れぎみ。 そんな折、ちょうど母の三回忌を迎え、船にふられて故郷の離島へ帰ってきた。 すると実家では父が、亡き妻の服を着ておいしいごはんを作って待っていた!
唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場。それはお調子者の中年男・和生と、生意気な女子高生・ダリア。
「父さん、みんなで家族になろうと思う」

優しさと、ひとさじの愛が明日をもっとおいしくしてくれる。 人も気候も穏やかな島を舞台に、性別も国籍も越えて、 好きなものを好きと言える世界を、おいしく、たのしく、カラフルに描きだす。

ーーーーーーーーーーーーーー

【収録内容】28ページ
・イントロダクション
・ストーリー
・対談①監督×松本穂香 この人が主役という空気があった …etc
・対談②監督×板尾創路 青治役は板尾さん以外考えられなかった …etc
・コラム:魅力的なホームドラマに欠かせない<食>へのこだわり 吉田伊知郎(映画評論家)
・インタビュー:浜野謙太
・コメント:笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎
・インタビュー:ふくだももこ(監督)
・コラム:現代社会には女性監督だからこそ描けることがある 松崎健夫(映画評論家)
・対談③監督×本多俊之(音楽) 泣いていいんだか、笑っていいんだか、そこにすごく味がある etc…
・対談④監督×谷戸豊(プロデューサー) 企画書に書かれた”ユートピア”という言葉でゴールが見えた etc…
・鈴谷家の(おいしい)食卓
・ロケ地マップ 伊豆諸島 新島・式根島
・プロダクションノート 短編「父の結婚」から長編「おいしい家族」へ/舞台に島が選ばれた理由 …etc
・主題歌「みたいなこと」yonige 歌詞
・小説版「おいしい家族」ふくだももこ著(集英社)
・スタッフ、クレジット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。
監督・脚本:ふくだももこ
製作:新井重人、松井智
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝、金井隆治
音楽:本多俊之 
主題歌:yonige
キャスト:松本穂香、笠松将、板尾創路、浜野謙太、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎、金澤ちゆき、イシャー二、榊原徹士、三浦英、島洋子、尾藤亜衣他

おいしい家族 公式サイト https://oishii-movie.jp/

¥ 840

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 198円
通報する